■information■

■ウッドストックストーブのウェブページようこそ

ありがとうございます。
2015年。創業25周年を迎えました。

井の頭恩賜公園に隣接する閑静な住宅地でひっそり営業中。
冬は薪ストーブの煙がゆらゆらと立ち上っています。
都会に適した小型機種から寒冷地用の大型機種まで、
薪ストーブの設置工事・メンテナンスならお任せ下さい。

取扱メーカー:
VermontCastings , SCAN , morso , NesterMarytin
イエルカの薪ストーブ , AGNI

営業範囲:
東京都全域,神奈川県全域,埼玉県全域,山梨県全域,長野県中信地域
寒冷地に対応した施工も心得ます。

■住所:〒181-0001 東京都三鷹市井の頭5-11-13
■電話:0422-77-9453
■メールでのお問い合わせは、こちらへ。

■定休日/不定休
※営業日の最新情報は、右記カレンダーを参照願います。
■営業時間/10:00〜18:00

ご来訪の際は、お手数ですが電話連絡をお願いいたします。
ご相談は、【予約制】とさせて頂いております。
吉祥寺駅より徒歩12分です。

バーモントキャスティングス社製、薪ストーブ
岡本製(AGNI)、薪ストーブ
を常時展示中です。

大きな地図で見る

■設置までの進め方は、こちら
■バーモントキャスティングスのメンテナンスご依頼は、こちら
■ファイヤーサイド東京営業所からの徒歩ルートは、こちら
■スタッフ紹介は、こちら

facebookページも是非ご覧下さい。

April 01, 2016

SHELBURN

Pa210003
SHELBURN(シェルバーン)

アメリカ製HerthStoneの中型機です。
現行型は、炉内がソープストーンになりましたが、その前のレンガ仕様の旧型となります。外板のサイドのデザインも少々異なります。正規代理店輸入品。

都内の住宅にて使われていたものですが、使用頻度が少なくとても状態の良い個体です。クリーンバーンの燃焼方式ですので、構造もいたってシンプル。12,600kcalと出力も十分で、広いお部屋も暖められると思います。特に交換が必要な部品はありませんでした。

販売価格:18万円(税込み)
納入費:4万円(税込み・東京都、埼玉県、神奈川県の場合)
在庫場所:東京都

ご参考
新品価格(旧型):¥438,480(税込み・外気導入キット、リアヒートシールド付き)
参照ウェブ(新型):こちら

※注意点
稼働に問題ないよう整備しお渡ししますが、外観等はUSEDですので使用感がありますのでご承知置き願います。尚、本体に関して保証はありません。煙突工事が必要な場合は、別途ご相談下さい。
納入後のメンテナンスについては当社にて責任を持って対応させて頂きます。

| TrackBack (0)

July 27, 2015

夏期休業のお知らせ

・夏期休業のお知らせ

誠に勝手ながら、下記日程にて休業させて頂きます。  

ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願いいたします。

<7月28日(火曜日)より8月16日(日曜日)まで>

8月17日(火曜日)より通常営業となります。

| Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2015

AGNI-CC入りました

Dsc09999
お待たせしました。

AGNI-CCの展示品が入荷いたしました。
今まで展示していたCと入れ替えになります。

一回り小さなCCですが、バッフル板がステンレスから鋳物に変更された為、重量はCと変わりありません。天板のミッキーマウス的デザインはなくなり、磨かれた触媒上の二つの蓋がアクセントになります。

CCは側面の扉を左右どちらでも選ぶことができるのもCと違う点。より設置場所に柔軟に対応できます。

ご見学お待ちしております。

| TrackBack (0)

April 24, 2015

陸屋根

Img_0728
陸屋根。平屋根ともいいます。

殆どの現場が勾配のある屋根ですが、たまに真っ平らな屋根の上で仕事をすると天国のように感じます。足を踏ん張らなくても施工ができますから。

今回は、埼玉のとある会社事務所に設置させて頂きました。チムニーフラッシングを載せる煙突囲いは、既にブロックで立ち上がりを造り、防水加工が施されています。そこへ煙突を取り付けていきます。

チムニーフラッシングは通常より100mm小さめの特注品。
薪ストーブは、AGNI-Cでした。

ありがとうございます。

| TrackBack (0)

April 21, 2015

詰まりの原因

Img_0702
メンテ前のAGNI-CCです。

煙がうまく排出されない。
もしくは、逆流する。

そんなお話を設置後、時々頂きますが、真っ直ぐ立っている煙突であれば1シーズンで詰まってしまうようなことはまずありませんので、原因は二つ考えられます。

一つは、触媒の目の詰まり(触媒採用機)。
もう一つは、煙突トップの詰まり(特に妨鳥網がある場合)

この写真のAGNI-CCは、触媒の上にある丸い鋳物の蓋を開けると触媒が取れる仕組みです。特に工具類は必要ありません。燃焼シーズン中でも簡単に触媒のお掃除ができますので、ここの詰まりを除去してあげるだけで随分とスッキリします。

また、妨鳥網付きのトップは、昇ってきた煙が外気に触れてタールが固形化。雪だるま式にこびりついていき目詰まりを起こす場合があります。可能なら冬場は網を撤去し、残りの季節は付けておく事で回避できます。

ご参考になれば幸いです。

| TrackBack (0)

«日曜日の現場