« February 2010 | Main | May 2012 »

January 2012

January 04, 2012

薪ストーブのメンテナンスについて

Dscn0381_1024
初期型イントレピッドⅡのオーバーホール

初めてお納めした薪ストーブが、30年を迎えようとしています。その都度、使用説明書とメンテナンス指南書をお渡ししてきましたが、全ての方がご自身でメンテナンスされているわけではありません。積極的にメンテされる方もいらっしゃれば、機械は苦手なので灰掃除位しかしません、という方まで様々です。

煙突掃除もしかり。毎年キチッとブラシを入れられる方あり、一方10年間お掃除をしていない方まで。我々プロがお邪魔すると、その状態は千差万別なのであります。

さて、メンテナンスを疎かにするとどうなるのでしょうか?例えば、バーモントキャスティングスの販売量が多い当店では、その要である二次燃焼システムがほぼ機能しなくなっています。具体的には、ロープ類の劣化による気密の低下、鋳物接合部のセメント剥離、二次燃焼室のお掃除をしていないことによる灰の蓄積からくる給気不全、また二次燃焼室や触媒の劣化・寿命です。薪を燃やす「ただの箱」と化していることも多々あり、驚くばかりです。また、煙突掃除の不履行は、タールが付着し過ぎて煙道火災を起こすこともあり、危険と言わざるおえません。

定期的なメンテナンスと適正な温度管理。そして十分に乾いた薪。それこそが薪ストーブを長く使って頂く大事なポイントです。どうぞ、一度メンテナンスをご依頼下さい。

☆工賃及び内容

1.レギュラーメンテナンス

薪ストーブ本体のメンテと煙突掃除がセットで、かつ毎シーズンご依頼頂けることを前提にしたプランです。これは、お客様毎に当店がカルテを作成し、常に状態を管理できますから予測の範囲内でメンテもでき、安価な設定が可能になっています。お客様にとっても、常に良い状態に保てることも利点です。

¥22,000

2.フルメンテナンス

同様に、薪ストーブ本体のメンテと煙突掃除がセットになっています。初めてのお客様や、数年に一度のご依頼の場合は、こちらの扱いとなります。

¥33,000

3.オーバーホール

単に年数で状態が変わるのではなく、実際の稼働時間と温度管理、また環境によって薪ストーブの劣化は進んでいきます。正常な作動ができなくなり、炉内の部品をほぼ外さなくてはいけない状態の場合(バーモントキャスティングスの場合では、ダンパーを外して二次燃焼室を交換しなければいけないよう時)オーバーホールとみなします。これも煙突掃除とセットですが、時間を要する作業ですので、1日あたり8時間以上の作業時間を越えた場合には追加料金として1時間あたり¥2,500を頂く場合があります。

¥50,000

※ご注意

オーバーホールの状態にあっても本体の錆び・損傷などで修復不能と判断された場合はお断りする場合があります。
また、煙突掃除につきましては、安全上危険と判断した場合や建築の構造に対しての補修等が必要と認められるものにつきましては、同様とさせて頂く場合があります。

尚、上記工賃には交換が必要となった場合の部品代は含まれておりません。また、消費税は別途頂戴させて頂きます。

☆お伺いできる範囲

上記メンテナンスには、片道50km以内の交通費を含んでいます。それ以上の場合は、1km/¥100が加算されますのでご注意下さい。(例:片道100kmだとプラス¥5,000)基本的には場所を問いませんが、宿泊が必要となるほど東京から遠い場合は別途ご相談下さい。

※価格は全て税抜きとなります。

| TrackBack (0)

January 03, 2012

設置までの進め方

☆基本理念

月並みですが、
『お客様にストーブライフを楽しんでいただく』ために最大限の努力をいたします。


具体的には・・・

設計・お見積もりの段階から、お客様が安全かつ容易にメンテナンスできるような工夫を提案します。

たとえば、「高所作業をなくす」「屋根に登らなければならない場合には建築段階で足場をつける」「2階の部屋から手を伸ばせば煙突に届くようにする」等々、知恵を絞ります。

薪ストーブ取付けの際の強度確保対策と、安全性を考慮した火災防止対策を徹底的に行います。

薪ストーブはていねいに扱っていただけば半永久的に使用できます。そのためには可燃物との安全距離や床の強度・煙突を固定するために打ちこむビスを受ける下地材など、長期の視点から火災防止対策や構造的強度確保対策を徹底的に行います。

☆取扱メーカー

VermontCastings
HETA
de manincor
イエルカの薪ストーブ
AGNI

※輸入製品については、全て正規ルートの商品です。
また、この他のメーカー品も対応可能です。

☆施工範囲

長野県中信地域・山梨県全域・東京都西部・神奈川県北部・埼玉県南部

☆設置までの進め方

設計・お見積もり
- お宅の設計図のコピーを郵送、またはFAXでお送り下さい。
- お宅が既築の場合は下見に伺います。
- 「取付図」と「見積書」を作成、郵送します。

その後、必要に応じご相談承ります。

ご 契 約

詳細打合せ
- 設計事務所または工務店と現地にて打合せ
「建築工事指図書」を作成します。

設置工事

焚き方説明
- お客様と一緒に実際に火を入れて御説明、質疑応答。

代金の清算
- 請求書送付します。

アフターケア
- 御要望があれば煙突掃除・本体メンテナンスを請け負います(有料)
以降、随時対応していきます。

☆ご予算

薪ストーブ本体、約20万円〜
煙突部材、約40万円〜
施工費・運搬費、約20万円〜
諸経費、3~5%
合計、90万円〜が目安となります。

尚、煙突部材につきましては、設置場所や取付方法によって大きく変動があります。

| TrackBack (0)

January 02, 2012

道案内

Wss_appearance_01_w400

看板は、併設のkukka315と二枚あります。

八ヶ岳へ向かい真っ直ぐの道は、ついスピードが出がち。
見過ごすこともありますのでご注意下さい。
平屋建ての小さな白い家です。

交通アクセス
JR中央線富士見駅より車7分(2.9km)
中央道諏訪南ICより車10分(5.8km)
中央道小淵沢ICより車17分(12km)
長野県道190号線沿いにあります。

ウッドストックストーブは、店舗なりの体裁をしておりません。
店主宅を事務所兼展示スペースとして活用しています。
何卒ご了承いただきますようお願いします。

Wss_interior_01_w400

HETA Inspireの火が揺れています。
アウトドアで使うOzPigも展示中です。

Wss_interior_02_w400

1950~2000年頃までの北欧のヴィンテージ食器を販売しています。

January 01, 2012

スタッフ紹介

店長:谷口

Kazuya_w400

写真より白髪増えてます…。

昔々のお話。

スウェーデン製のログハウスを建てるにあたって、なら同じくスウェーデン製の薪ストーブが入れたくて…、という単純な動機で設置をお願いしたまではよかったが、最初に泊まった日、点け方さえわからなくて凍えていた悲しい出会い。当時の薪ストーブは、まだ単なる箱に過ぎず、煙突のダンパー位しか火を調節するすべはなく、勢いを保たないと火は続いてくれなかった。いや、それが当たり前だと思っていた。

当時、建築関係の仕事をしていた私は、施主からの要望で薪ストーブを入れることとなり、初めて近所に薪ストーブを生業としている人を知る。先代の店主だ。そこにはゆらゆらと美しく燃えるバーモントキャスティングスのレゾリュート・アクレイムがあった。ガンガン薪を投入しないと持続できない我が家のそれとは別次元。正直驚いた。それからというもの、薪ストーブを積極的に勧めるようになったのは言うまでもない。

そして時は流れ、いつの間にか小さな薪ストーブ屋になったのです。

スタッフ:平松(愛称、ケンゾーさん)

Kenzo_photo_w400

青いツナギがトレードマーク。

彼は、店主より一回り若い。以前は店主と同じく吉祥寺界隈を地元としていたが、今は山ごもりしている。家にはアンコール、そして薪割り大好きらしい。地下足袋履いて屋根上ってる姿はまさしく職人のようだが、実はデザイナーだったりして中々繊細。向上心高く色んな事を次々と吸収していく頼もしい人。

岩田(愛称、ダイチくん)

Daichi_photo_w400

アンコール…、重いよね。

これまた吉祥寺な方。しかるに主に関東方面を担当。ガタイよし、力持ち、そしてロープワークも巧い。やたらに道工具に詳しく、店主が便利な工具を教えて貰っているくらい。よく考えながら行動する人なので作業が丁寧なのであります。

| TrackBack (0)

« February 2010 | Main | May 2012 »