« オールド・リターン・ライダー | Main | コンセプトを考える »

December 13, 2012

そもそも

Img_0004_3

さて、工事開始。

「職住一体」がウッドストックストーブの実態である。

しかし、「店舗」だと思って訪れるお客様がいらっしゃることもまた事実。それは、薪ストーブそのものを見る機会がそうはないので、モノを確かめる為に店舗で実機を確かめようと考えるわけで、至極当たり前の理屈だ。それに応えることが出来ないことはずっと課題であった。

先代は、四谷の自宅で同じく職住一体を実践していて、店の構えこそ呈していないものの、訪れる人があれば実際に暖房器具として使っている薪ストーブを見て貰うことができた。これは営業面で大事なこと。しかるにこの狭いスペースに薪ストーブが置けるワケもなく…、と決めつけていた私は、はなから諦めていた。

義理の兄が、建築設計事務所を新たに開いて、しかし事務所は賃貸の集合住宅のままで、実際に訪れてみるとその同じスペースを家具や間仕切りを上手に使い、打ち合わせができる空間に変えていたのを見て、目から鱗が落ちた。狭い面積でも工夫でどうにかなるもので、風呂敷を広げずとも店舗化できるかもしれないと少し思った。

住宅地に建つ築38年の家は見た目冴えない。しかし、吉祥寺駅から歩いて10分少々。そこだけは利点。何もしないよりできる範囲で改装して、薪ストーブを入れてみる。意を決した晩秋。秋のメンテナンス巡業が終わったら実践だ。

« オールド・リターン・ライダー | Main | コンセプトを考える »

押し入れ改装記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference そもそも:

« オールド・リターン・ライダー | Main | コンセプトを考える »