« 変則的屋根上工事 | Main | ■information■ »

December 24, 2012

詰めの作業、そして開店

Img_0240
防火区域を室内側から作る。

薪ストーブ屋と珪酸カルシウム板は切っても切れない中とでもいうか、それほど多用する。例えばRC構造で周りが全てコンクリートなら不要だが、殆どの現場は木造で、そこでは不燃材が必要になるからだ。今や、屋外や小屋裏では二重断熱煙突が当たり前だが、それでも熱対策・そして結露対策を怠ることだけはできない。仕上げに近いがここは押さえて。

Img_0246
炉台と既存の床の段差に框を設ける。

ビスでしっかり留めた後に、ダボでビスが見えないようにする。家具造りの手法だが、相棒が丁寧に作ってくれた。材料は安価なSPF材だが、オイルステインで後日塗って仕上げようと思う。

Img_1282
結局、二台を並べて陳列。
煙突を繋いだのは、イントレピッドⅡ。

熱量では、アスペンでも十分な気もしたが、触媒のあるイントレピッドⅡは、熱効率が高く燃費が良いわけで、これに煙突を繋ぐことにした。口元から直ぐ上の1m程はヒートシールド付シングル煙突。昨今、業界では二重煙突がデフォルト化しているが、こういう小型ストーブに繋げる場合、シングル煙突の方が見た目のバランスが良く私は好きだ。国産のシングル煙突はとても精度が高く仕上げも美しい。

P1000451
工事完成祝いの会がスタッフ一同集合して寒い日に催された。

この冬は東京も冷え込み、薪ストーブの暖かさを改めて感じることとなった。毎日零下が続く八ヶ岳の山小屋では、日々薪をくべ、生活に欠かせなかったアンコール。それは小型になってもここ東京でまた再開されることに感謝。この素晴らしい暖房器具に乾杯だ。

« 変則的屋根上工事 | Main | ■information■ »

押し入れ改装記」カテゴリの記事

Comments

開店おめでとうございます。
ストーブの搬入は大変でしたね。

商売繁盛願っております。

Posted by: Yosshie | February 21, 2013 17:06

yosshieさん、お久しぶりですね。
なんとか元気にやっております。

Posted by: 店長 | February 21, 2013 19:08

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 詰めの作業、そして開店:

« 変則的屋根上工事 | Main | ■information■ »