« August 2014 | Main | October 2014 »

September 2014

September 24, 2014

炉台の収め方

Img_3850
既築での炉台は段差もポイント

今や新築では薪ストーブの炉台も床埋込が主流となり、フローリングのレベルと同じにして段差を設けない造りが多くなってきました。

一方、既にある建物に新たに薪ストーブを導入する場合、簡易的な炉台を採用する事が多く、この写真のように不燃材の上に鋼板を置き炉台とします。

鋼板と不燃材の厚み分、木口が現れますので、そこに木材で回り縁を付けていきます。なるべく足が引っかからないように断面が斜めの材料で綺麗に回します。ネジはダボで埋めて見せないように。そして最後に塗装します。

細かい木工事も薪ストーブ屋の仕事です。


| TrackBack (0)

September 21, 2014

段差解消

Img_3793
荷台のフラット化

軽バンorハイーエースがこの業界のお仕事グルマの標準ですが、ウッドストックストーブのコマーシャルカーは、HONDA Z です。かなりポンコツです(笑) 荷物も軽バンの半分位しか入りません。

少しでも使い勝手を良くしようと、気になっていた荷台の段差を埋める工夫をしました。

仕事では、いつも相棒と二名乗車ですので後席は必要ありませんが、さりとて脱着できるわけでもありませんので背もたれを前に倒して荷台の一部として後席部分の空間も使っています。そうすると、後席の厚み分、その後ろの荷台とに段差が大きく出ます。これでは使いづらいので後席の厚み分、木製の台を作り、その下は市販の収納ケースを二個入れることにしましました。丁度ぴったりなモノがあってなかなかの出来です。

そんなには使わないけどいざという時に必要な作業道具や予備のケミカル類など、ここへ入れておきましょう。


| TrackBack (0)

September 12, 2014

材木カット

Img_7808
ジョイフルホンダの加工室

大工さんではありませんから、木材を加工する必要があれば現場最寄りのホームセンターへ行くわけです。西多摩の現場が多い今年。瑞穂にあるこの大型のお店が頼りです。プロ御用達の材料も豊富にあり、また様々な材料をカットしてくれます。

趣味でも楽しいお店ですよね。

| TrackBack (0)

« August 2014 | Main | October 2014 »