« 日曜日の現場 | Main | 陸屋根 »

April 21, 2015

詰まりの原因

Img_0702
メンテ前のAGNI-CCです。

煙がうまく排出されない。
もしくは、逆流する。

そんなお話を設置後、時々頂きますが、真っ直ぐ立っている煙突であれば1シーズンで詰まってしまうようなことはまずありませんので、原因は二つ考えられます。

一つは、触媒の目の詰まり(触媒採用機)。
もう一つは、煙突トップの詰まり(特に妨鳥網がある場合)

この写真のAGNI-CCは、触媒の上にある丸い鋳物の蓋を開けると触媒が取れる仕組みです。特に工具類は必要ありません。燃焼シーズン中でも簡単に触媒のお掃除ができますので、ここの詰まりを除去してあげるだけで随分とスッキリします。

また、妨鳥網付きのトップは、昇ってきた煙が外気に触れてタールが固形化。雪だるま式にこびりついていき目詰まりを起こす場合があります。可能なら冬場は網を撤去し、残りの季節は付けておく事で回避できます。

ご参考になれば幸いです。

« 日曜日の現場 | Main | 陸屋根 »

あるじの現場日記」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219325/61559765

Listed below are links to weblogs that reference 詰まりの原因:

« 日曜日の現場 | Main | 陸屋根 »