薪ストーブクッキング

February 16, 2008

カステラ&ミネストローネ

不覚にも風邪ひいたみたいで、鼻水垂らしてます。
でも、予定通りに昨晩山小屋着。
例によって氷点下10℃。

Feb_16_2008_01

思ったより積もってまして、
取り敢えず、敷地内に縦列駐車するだけの雪をかいてっと。
そして、テラスも…小一時間かかりました。

今、腰に温熱なんたら…貼ってます(堪えます)

Feb_16_2008_02

昨今の小麦高騰で、
人もワンコも大好きなカステラが徐々に値上げ中。
ついに手作りをすることに。

山小屋には業務用のガスオーブンがあるので、
ごぉ~っと焼いてみました♪
いやいやデカイ…寝かせて明日食べる予定。

レシピはこれを参考にしました↓
http://cookpad.com/mykitchen/recipe/424467/

Feb_16_2008_03

いい香りが、か~なり台所に漂うのか、
鼻のいいカレンがウルサイのなんのって。
だから明日だよ、明日。

Feb_16_2008_04

本日の薪ストーブ・クッキングは、 ミネストローネであります。
辰巳芳子さん風。
野菜たっぷりね。

火力調節も首尾良くいき、時間をかけて煮込みます。

Feb_16_2008_05

出来上がり♪
やまねの席には黒組さん達が先に陣取ってる(汗)
相変わらずの素早さ。
しかもやることが一緒。

でも、きっとスープよりハムが欲しいんだよね。

| Comments (0) | TrackBack (0)

January 10, 2008

余韻に浸る

Jan_10_2007_01_2

熾火になったところに、クッキングスタンドを入れます。
網状になった鉄の台のこと。

そこへ、パプリカを載せて時々転がすわけです。
よくガスの炎の上でする作業ですが、
それを薪の火で代替えしてみたわけです。

開け放った炉は高熱で顔が熱いのなんのって。
でも、それを暫しガマンしていると
思った通り、直ぐに真っ黒焦げになり
皮はいとも簡単に剥けましたとさ。


残っていたアンチョビと塩、イタリアンパセリを
オリーブオイルに入れて、タマネギとパプリカを投入。
漬け込んだ状態で東京まで持って帰ります。
マリネは、無事美味しくできていましたよ。

Jan_10_2007_02

今晩は、お魚食べたいな。

で、寒鰤を焼くにもそんなわけでマリネが付け合わせなので、
お醤油・お酒・砂糖、それにバルサミコ酢を入れたタレを作り、
それに浸けた鰤を焼いてと。

白いのはホイップした生クリームですが、
塩を入れてあり甘くないソース。
カミさん、なんだか冴えてます。
これ、結構お薦めです♪

鰤といえば、古い友人宅…氷見を想い出しますが、
最近は行ってないなぁ。(行きたいぞ)

 

| Comments (0) | TrackBack (0)

January 08, 2008

薪ストーブ・クッキング

(前半より続く)

Jan_08_2007_11

帰ってきて、ストーブに火を入れます。
カレン、暖かいのでここがお気に入り。
でも、今日はここがオーブンになるのだぞ。

Jan_08_2007_12

焚き火でゴーゴーと…
そういう用途でしか使わなかったダッチオーブン。
薪ストーブでごはんを炊いてみようとトライ。
水加減、かなりテキトーです(汗)

Jan_08_2007_13

一方、こちらはアルミ鍋にオリーブオイルを入れて、
ニンニクをじわじわとあぶっているとこ。
天板のどこに置くか、火加減がなかなか難しいのでした。
更に、アンチョビを入れていきます。

Jan_08_2007_14

真ん中にお米を入れたダッチオーブン
左側は、さっきのオリーブオイルの鍋。
右側は、野菜を茹でる為の鍋。
今日は、ガス使わないぞ~。

Jan_08_2007_15

結局、待つこと1時間(長っ)
でも、お焦げのあるごはんができましたよ。
厚い鉄鍋で炊くご飯は、ジャーのそれとはひと味違います。

Jan_08_2007_16

野菜も茹でました。
かぶ・人参・ズッキーニ・ジャガイモ
これらをさっきの油に浸けて頂きます。
『温野菜のバーニャ・カウダ』の出来上がり♪
ちょっとニンニク足りなかったか?(まっいいね)

タンパク質がないので、お肉をソテーしてと。


こういう料理は時間がないとできないけど、
なかなか楽しいものです。

ごちそうさま。

 

| Comments (0) | TrackBack (0)